アウトドアは意外と安い!?安価なアウトドアグッズレビュー

アウトドアグッズまとめ

その他キャンプグッズ

【蓄電池】Rockpals ポータブル電源のレビュー【口コミ】

投稿日:2017年11月29日 更新日:

 蓄電池(ポータブル電源)です。AC電源サイトがないキャンプ場でも電源を確保することができます。

Rockpals ポータブル電源を購入するまで


 最近の我が家の休日の過ごし方といえば、もっぱらアウトドア(デイキャンプか泊りがけのキャンプ)なので、最近は特別感もなくなってきました。夫婦ふたりなので、子どもの面倒を見るとか、友人たちとワイワイ騒ぐとか、そういうこともなく…
 なので、主人は空いた時間に読書かスマートフォンでの動画鑑賞、私はノートパソコンで作業することが多いです。
 しかし、主人のスマートフォンに関してはモバイルバッテリーで充電ができるものの、私のノートパソコンは電源を確保できず、デイキャンプのときは半日しか充電が持ちませんでした
 そこで、「バッテリーを購入するか」「スマートフォンで作業ができるようにキーボードを買うか」「蓄電池(ポータブル電源)を買うか」の3択になったのですが、「電源サイトを借りるよりそこそこ安い」という理由で蓄電池(ポータブル電源)を購入することにしました

Rockpals ポータブル電源のメリット

容量40800mAh、消費電力は100W



 まず、性能のお話ですが、容量は40800mAh程度になります。同じ価格帯のポータブル電源と比較すると、やや容量は多いくらい、という感じでしょうか。この容量だとノートパソコンを2~3回充電できるとのこと。私自身、使用してみてもそのくらいの体感です。
 問題は消費電力だと思います。実際に使用する家電の消費電力によっては、100Wでは足りなくなる恐れがあります。
 例えば、アウトドアで使用が想定される家電は以下のようなものだと思います(正しい数値は家電の裏側等に表記されていますから、お手持ちの家電を確認して見てください)。
・デジカメ・一眼レフのバッテリーの充電:5W
・スマートフォンの充電:5~10W
・サーキュレーター・扇風機:30~40W
・冷温庫:40W
・電気毛布:50W
・ノートパソコン:50~60W
・ポータブルクーラー:300~900W
・ドライヤー:600~1200W
・炊飯器:600~1200W
・ホットプレート:1000~1200W

 このような点から、以下のようなことがいえると思います。
・意外と100Wで使えるものが多い
・がっつり家電を使うのであれば、5万円前後(消費電力200W程度)を選択するのは無駄で、1000W以上に対応する発電機が必要(10万円レベル)

 ということで、我が家は高出力(300W以上)の家電を使うことは諦め、100W以下の家電に絞って使うことにしました。実際に、普段使うのがノートパソコンとサーキュレーターくらいなので、100W以下でもそれなりに使うことができています

AC電源サイトと比較して


 AC電源サイトのあるキャンプ場だと、他のキャンプ場と比較して+1,000円程度高い価格設定になっていることが多いと思います。
 Rockpalsのポータブル電源を購入した経緯として、AC電源サイトに10回程度宿泊すれば元が取れるのではないかという考えで購入しました。AC電源サイトをよく利用される方は、ポータブル電源は検討の余地があると思います。

シガーソケットや家庭用コンセントで充電できる



 充電の方法としては、家庭用のコンセントとシガーソケット、そしてソーラーパネル(別売り)があります。
 特に便利なのがシガーソケットでしょう。家で充電するのを忘れても、行きの車の中で充電が可能です。
 エンジンをふかしながら(アイドリングしながら)カーインバーターで家電を使うよりもエコですし、騒音も発生しません。このような性質から、車中泊にも活用できるアイテムの一つだと思います。

シガーソケットアダプタ付き



 結構便利だな、と思ったのが、シガーソケットのアダプターが付いている点です。ちょっとマニアックな使い方ですが、タケルくんという車載専用の炊飯器もギリギリ使えるかな、と期待しています(まだ試してはいませんが…)


USBも使える



 USBの差し込み口は2ヶ所あります。なので、スマートフォン&モバイルルーター等の充電もこれ一つでOKモバイルバッテリーを忘れたときにも重宝しそうです。

LEDライト付き



 もう一つ便利なのがLEDのライトが付いている点。我が家の場合、ライト関係はLEDランタン充電ラジオ(災害ラジオ)しか持っていなかったので、若干心細かったのですが、このポータブル電源のおかげでもう1つの照明を作ることができました

画面に電池残量が表示される



 モバイルバッテリーなどは残量表記がないものが多く、どれだけ使用できるか不明瞭なものも多いですが、このポータブル電源はきちんと電池残量がメモリで表記されるので、どの程度使えるのかひと目で分かります

重たくはない


 このポータブル電源の重さは1.4kgです。同じ価格帯のポータブル電源は、2kg以上になるか、容量が半分以上少なくなって1kg以下という選択肢になります。
 1.4kg程度であれば2Lのペットボトル以下ですから、持ち運びに邪魔になりません

若干怪しい日本語の説明書付き



 ちょっと日本語が怪しいですが、きちんと説明書もついています。

Rockpals ポータブル電源の気になる点

Rockpals ポータブル電源の使い方


アウトドアの電源として


 前述のように、消費電力が100Wまでなので使いみちは限られますが、100Wあれば意外と使える家電も多いです。AC電源サイトを10回程度借りれば元が取れる計算なので、キャンプで家電を使われる方は検討してもいいと思います。

災害時の電源として


 また、災害時の電源としても役立ちます。ソーラーパネル(別売り)やシガーソケットからも電源が取れますから、充電しそびれていても、電気作りだすことができます。いざというときに役立ちそうですね。

関連情報

Rockpals ポータブル電源を購入するには







-その他キャンプグッズ
-, , , , , , ,

Copyright© アウトドアグッズまとめ , 2019 All Rights Reserved.