アウトドアは意外と安い!?安価なアウトドアグッズレビュー

アウトドアグッズまとめ

睡眠関係

【エアーベッド】FIELDOOR エアベッドのレビュー【口コミ】

投稿日:2017年10月5日 更新日:

 FIELDOORのエアーベッドです。3色展開、サイズは4サイズあります。

FIELDOOR エアベッドを購入するまで

 テント泊用に折りたたみのアルミマットは元々購入していたのですが、厚みもなく、睡眠を取るには不十分な性能だとは感じていました。
 しかし、夫婦で身体の大きい私たち夫婦では、寝袋では動きが取りにくいと感じていました。また、予算も掛けられません。
 そんな中、探し当てたのがFIELDOORのエアーベッドでした。

FIELDOOR エアベッドのメリット

寝袋より寝やすい


 寝袋だと、やはり身動きが取りにくいというデメリットがあります。大柄な人ほど身動きが取りにくいと感じることもあると思います。
 しかし、エアーベッドであれば本来のベッドのように、幅広く使うことができます。大柄な人でも寝袋より快適に眠れると思います。

キャンプマットより分厚い


 テント泊のマットはそれぞれだと思いますが、我が家は節約しようと思って8mmのアルミマットしました。そして、失敗したな、と思いました(汗)このままでは眠れないからです。
 しかし、エアーベッドであれば、キャンプマットよりも分厚い!23cmもあるので、地面の固さを感じることはないと思います。地面からの冷気も感じにくいです。

小さく持ち運べる


 エアーベッドはたたむことができますので、小さく持ち運ぶことができます

車中泊にも使える


 エアーベッドは後部座席がフラットにできる車の場合、車中泊の寝具としても使うことができます

FIELDOOR エアベッドの気になる点




寝袋よりは劣化するのが早い


 まだ数回しか使っていませんが、エアーベッドという特性から、使用期間は寝袋より短いと思います。穴が空いてしまっては使えませんし、ビニールですから劣化もすると思います。

布団は別に必要


 寝袋の場合、寝袋一つで掛け布団&敷布団の役割を果たしますが、エアーベッドはあくまでも「ベッド」です。そのため、掛け布団や毛布が別途必要になります。
 エアーベッド自体は小さく折りたためても、荷物としては増えてしまうというデメリットがあります。

空気を入れるときの音が大きい


 エアーベッドの空気は専用のポンプで入れることができるのですが、音は大きいです。テントサイトで隣の区画が近い場合には驚かれてしまう可能性もあるので、昼のうちから膨らませておくことをおすすめします。

FIELDOOR エアベッドの使い方

テント泊に


 エアーベッドはテント泊にはぴったりです。最近はデイキャンプのときにも持っていって、昼からエアーベッドで睡眠を取っています。

車中泊に


 我が家はツインサイズのエアーベッドを購入したのですが、車中泊にも使えるサイズを選びました。まだ車中泊では使っていないのですが、いずれ報告したいと思います。

普段使いに


 我が家ではこのFIELDOORのエアーベッドを普段から使っています。今まで二人で狭いベッドに寝ていたのですが、このエアーベッドを購入したおかげで、広々と眠ることができるようになりました。

関連情報

FIELDOOR エアベッドを購入するには







-睡眠関係
-, , ,

Copyright© アウトドアグッズまとめ , 2020 All Rights Reserved.