アウトドアは意外と安い!?安価なアウトドアグッズレビュー

アウトドアグッズまとめ

テント関係

【インナーマット】ユーザー 折りたたみ式 ノンスリップマット 8mm厚のレビュー

投稿日:2017年12月9日 更新日:

 アルミマットです。テントのインナーマット(テントシート・キャンプマット・フロアマット)として使用しています。

ユーザー 折りたたみ式 ノンスリップマット 8mm厚を購入するまで

 はじめてキャンプグッズ・テント用品を買いに行ったときに購入したのがこの折りたたみのマットです。テントはこちらのサウスフィールドのSF5504CDを使っているのですが、グランドシートやインナーマットを一緒に買うと高い…ということで、急遽スマートフォンでインナーマット代替品を探し、ヒットしたのがアルミマットでした。

ユーザー 折りたたみ式 ノンスリップマット 8mm厚のメリット

保温性に優れている


 アルミが一面に貼られているので、保温性は抜群です。
 また、8mmも厚さがあるので、土・石の冷たさはほとんど感じません

持ち運びにも便利



 折りたたむことができるので、車にも積みやすく、持ち運びにも便利です。

ユーザー 折りたたみ式 ノンスリップマット 8mm厚の気になる点

静電気がヤバイ


 ヤバイ、という言葉を使いますが、本当に静電気がヤバイです。普段座っているときには感じないのですが、しまうためにたたもうとするとバチバチと静電気が発生します。それはもう、持てないくらいに何度もバチバチバチバチと…
 主人はほとんど静電気は気にならないというので、おそらく私がノートパソコンで作業をしているので帯電しているのかな、とも思いますが、とにかく持てないレベルで静電気が発生します。
 このため、最近では宿泊のときにはこのアルミマットは使わずに、多少大きくはなりますが、ニトリの折りたたみマットレスを持ち運ぶようにしています。

対して安くない


 節約するためにこのアルミマットにしたのですが、1枚1,500円。これを2枚敷いているので3,000円ということになります。
 それでもテントには隙間ができます。
 これを考えると、例えば「キャプテンスタッグ キャンピングフロアマット260×260cm M-3306」のような、4,000円弱で購入できるフロアマットを1枚購入した方がオトクだったんじゃないのかな、と思います。

ユーザー 折りたたみ式 ノンスリップマット 8mm厚の使い方

フロアマットとして



 静電気が気にならない方にはアルミマット(銀マット)はフロアマットとしておすすめできます。
 ただ、先程も書いたようにちょっとだけプラスすればちゃんとしたフロアマットが購入できるので、わざわざアルミマットを選ぶ必要もないのかな、と思います。

フロアマットの下に敷いて


 もしくはフロアマットの下に敷いて、更に保温効果を高める、という使い方もできると思います。
 厚さの無いフロアマットを使用されている方は、フロアマットとアルミマット、ダブルで使うことで保温性を高められるのではないかと思います。

関連情報

ユーザー 折りたたみ式 ノンスリップマット 8mm厚を購入するには







-テント関係
-, , ,

Copyright© アウトドアグッズまとめ , 2020 All Rights Reserved.